ちょこっと旅行

芸術の島「直島」や「軍艦島クルーズ」「元気の森」などちょっと変わったところから、熱海温泉や四万十川など国内旅行の旅行記です。

トップページ > 「ちょこっと旅行」 トップページ > 高知の自然を満喫 > 山出憩いの里温泉

高知の自然を満喫

山出憩いの里温泉

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

山出憩いの里温泉

2012/8/17(金)

晴れ

山出憩いの里温泉

まずは買い出し!

今日は「山出憩いの里温泉」(やまいだしいこいのさとおんせん)に泊まりで遊びに行く!
山出憩いの里温泉は、ログハウスなどの宿泊ができる施設がある温泉施設で、近くの川で泳いだりBBQができる。

今回は、そこのログハウスを予約(4人&6人用)したのでそこに泊まる!通常の宿泊施設やキャンプもすることができる。本当はおばあちゃんも来る予定(手術が決まる前に予約していた)だったが、手術のため今回は不参加になった。残念。

行く途中に高知県中村市にあるスーパー「サニータウン四万十」で買い出しをした。大阪でもなかなか見ないような超ビッグなスーパー(いろいろなショップが入っている)で、しかもうまそうな食材がたくさん!さすが高知!ついついあれもこれも買ってしまった!

山奥にお城!?
山出憩いの里温泉

買い出しの後、車を走らせること1時間、国道56号線に沿う川で遊んでいる子供たちを発見。すでにBBQをしている人たちも。国道56号線から川に架かる橋を渡ると、なんとお城が!?

これが管理事務所、兼食堂などになっているようだ。
山出憩いの里温泉は犬などペットを飼っている人に力をいれているようで、ペットと一緒に宿泊できたり(ログハウスのみ)、ドッグランやワンちゃん専用の露天風呂などもある。他にも、公園があり自然の滑り台とかあったが、草がぼうぼうで正直滑れる状態ではなかった。。。

山出憩いの里温泉の近くの川   山出憩いの里温泉の敷地内   山出憩いの里温泉の案内板

到着したのが昼過ぎだったので同じ敷地内にあるお食事処「いろり小屋」で軽くソーメンを食べた。
流しソーメンもできるようだった。
この日は、ログハウスに泊まる予定だが、チェックインは17時からなので、それまでログハウスの前にある川で遊びつつ、BBQの準備を始める。(荷物は車に)

山出憩いの里温泉のいろり小屋   いろり小屋の店内   いろり小屋の流しソーメン
BBQ&川遊び
川遊び

川では遊べるが、思いっきり泳ぐ・潜る・飛び込む!という感じではない。まぁ、本当に遊ぶといった感じ。もちろん、上流か下流の方に行けば深いところもあるが危ないかも。着替える部屋とかはないので、もし水着に着替えるのなら、トイレとか車の中で着替えることになるので、着て行った方がいいかも。

施設内の川沿いに水道や炭火用のレンガなどもあるので道具を持参すれば問題ないが、今回は山出憩いの里温泉からBBQ道具セットをレンタルした。セットの内容は、コンロ・トング・鉄板・アミ・まな板・包丁・バケツ一杯の炭で2,000円。テーブルや簡易イス、シートなどは持参。炭もある程度は持って行ったほうがいいかも。ちなみに、川沿いのBBQスペースには常設の、木のテーブルと椅子があったので、使用させてもらった。

BBQのレンタルセット   川沿いにある水場   炭場

炭もいい感じで火がついてきたところでBBQ開始!
昼もそこそこにしていたので、川で遊んでたら15時くらいには腹が減っていた。いい運動をした後に飲むビールや肉や焼きそば!(定番!)そして、餃子も!おにぎりも持参していたんで、焼きおにぎりに!
しかし、こういうところで食べると、なんでこんなにうまいのだろうな~!

川沿いでBBQ   焼きそば&餃子   肉&野菜
ログハウスの前でBBQ

ちなみに、ログハウスの横でもBBQをすることはできるようだが、木陰になっていなかったので、昼間だとパラソルとかないと厳しいかと。最初はおばあちゃんも行く予定だったので、ログハウスのなかでゆっくりしてもらいながら、肉やビールを堪能してもらえればな~、と思っていたのだが。

温泉で体を癒す

川遊びもBBQも満喫しきれいに片付けたら、温泉に入りに行く。

源泉かけ流しの温泉のようだが、あまり広くない。シンプルな温泉(なぜか2つに分かれていた。しかもどっちも同じ内容)で、昨日の「平和な湯」のような充実した設場はなかった。まぁ、普通に入る分にはいいけど、広くないのがちょっと。でもキャンプしながら温泉に入れるなら十分だけどね。

男湯   休憩所   マッサージ機&お土産
ログハウスでゆったり
4人用のログハウス

風呂に入ったあとは、お楽しみのログハウスへ。

女性陣が6人用で、男性陣が4人用へ。4人用の部屋は、6畳くらいの広さでテレビやクーラーがある。そして、なぜかブランコも吊るされていた。
ただ、なかなかこの中で漕ぐのは厳しいかも。ちょっと座ってぶらぶらするくらい。10分後には邪魔だからとブランコをハシゴにひっかけていた。ハシゴがあるのは、3畳分くらいのロフトスペースがあるため。

4人用のログハウスに大人4人が寝ようと思うと、ロフトも使用しないと厳しいかも。この時は、子供(5歳)が一人いたので1階だけで寝たが、それでも布団をしいたら狭く感じた。

4人用のログハウスの室内   室内にあるブランコ   4人用のログハウスのロフト

逆に6人用のログハウスは広いな~!って感じだった。
10人くらいでも1階で寝れそう。もちろん、ロフトもある。ロフトの広さは4人用と変わらず。

どちらのログハウスにも空きのコンセント(1口or2口)があったので、携帯電話やデジカメの充電(充電器は持っていかないとない)はできた。男性陣の部屋では少しだけビールとつまみで談笑したあと、10時くらいには寝てしまった。

6人用のログハウス   6人用のログハウスの室内   ログハウスにあるクーラー

↑ このページの最上部へ戻る

コメントする




↑ このページの最上部へ戻る