ちょこっと旅行

芸術の島「直島」や「軍艦島クルーズ」「元気の森」などちょっと変わったところから、熱海温泉や四万十川など国内旅行の旅行記です。

トップページ > 「ちょこっと旅行」 トップページ > 金沢へ視感・味堪・癒湯の旅 > 金沢21世紀美術館

金沢へ視感・味堪・癒湯の旅

金沢21世紀美術館

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

金沢21世紀美術館

2012/3/20(火)

犀川大橋 ~ 金沢21世紀美術館

犀川大橋
芸術の街にふさわしい美術館

橋を堪能した後は、「金沢21世紀美術館」に向かう。
徒歩で向かったのだが、通った街並みもなかなか趣があり、単純に街をぶらぶらするのもいいね。

金沢21世紀美術館は金沢市の中心部に位置し、誰もがいつでも立ち寄れるように体験や出会いの場として、「新しい文化の創造」と「新たなまちの賑わいの創出」の公園のような美術館を目指している。
実際に、祝日であったことも含め、家族連れやカップルなど多くの人が来ていた。
※館内は撮影が禁止なので、写真は外観のみ

ちょうどこの日まで、「モニーク・フリードマン展」と「押忍!手芸部と豊嶋秀樹「自画大絶賛(仮)」」のイベントが行われていた。

また、「ピーターマクドナルド:訪問者」のプロジェクトのひとつ、「ディスコ」だけは、写真OKだった。
このディスコは、見るだけでなく自分の作品の一部となってはじめて作品として完成する。
いや、参加する人によって作品はいろいろ変わるから、完成はないのかな?

金沢21世紀美術館   「ピーターマクドナルド:訪問者」のプロジェクトの「ディスコ」   金沢21世紀美術館の資料

個人的には、ピーターマクドナルドの描くこのキャラクタ(?)が好きだ。
シンプルな構成のキャラの感情や表情を、顔の表情や動作などではなくこのキャラ独自の表現(?)で表現しているのが面白かった。写真は撮れなかったので、気になる人は実際に見に行ってね~。
あとは、「押忍!手芸部と豊嶋秀樹」も面白かった!実際に当人がいろいろな"物"を使用してその場でいろいろなことをしていた。手芸も楽しいものやかわいいものが多く、ストレートに面白かった。

モニーク・フリードマン展やアニッシュ・カプーアの「世界の起源」などは、直島の時の作品と同じくコンセプトや表現が難しくて、なかなか理解が!?

金沢21世紀美術館で芸術を視感し、次は味堪と癒湯の場に。
加賀温泉駅に行き、無料の送迎バス(要予約)に乗って「みどりの宿 萬松閣」へ。

↑ このページの最上部へ戻る

コメントする




↑ このページの最上部へ戻る