ちょこっと旅行

芸術の島「直島」や「軍艦島クルーズ」「元気の森」などちょっと変わったところから、熱海温泉や四万十川など国内旅行の旅行記です。

トップページ > 「ちょこっと旅行」 トップページ > 高知の秘境の海洋堂 > 夢二郷土美術館

高知の秘境の海洋堂

夢二郷土美術館

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

夢二郷土美術館

2011/8/10(水)

晴れ

岡山市内

竹久夢二のイラストを観賞
夢二郷土美術館

後楽園のすぐ近くに「夢二郷土美術館 本館」がある。
竹久 夢二(たけひさ ゆめじ、1884~1934)は、明治17年(1884年)に岡山県邑久郡本庄村に生まれた大正浪漫を代表する画家。

美術系の学校にも行かず、師を持つこともなく、独学で画を描いていたそうで、そのために苦悩することもあれば、画の常識にとらわれずに、独自の感性で画を描くこともできたのではないかと思う。
この時代には、なかなか受け入れられなかったようで、想像もできないような苦悩があったのだろうな。
竹久 夢二は後世になってから評価されているが、でもできれば、生きている内に評価されたいな~。(これぞ凡人の考え!)まぁ、評価されることは何もしてないが。。。

竹久 夢二といえば、「夢二式美人画」と言われているあの独特な美人画だと思うが、この時代にしては珍しくイラストタッチの画風もあり、今でも見る者を楽しませる魅力を持っている。
その中でも童話雑誌「少年文庫」の挿絵などは、これぞ竹久 夢二という感じで、「少年文庫」という名にふさわしい、かわいらしい少年少女やロゴなどのイラストが多数存在する。

ただ、竹久 夢二は時代によって画風が変わり、時系列で見ていくと、同じ人が描いたのか?と思いたくなるほどの変化がみられる。中には、結構怖いリアルな美人画(?)もある。
岡山城に行く時があれば、一度足を運んでみることをお勧めする。画に興味がなくても楽しめると思う。

ちなみに、ミステリー小説をよく読むので、お土産に竹久 夢二の美人画の栞を買った!でも使っていないけど。。。っていうか使えな~い。

今度は、分館の方に行ってみたいね。
ちなみに、館内は撮影禁止です。

岡山で有名なぱん屋&うどん屋
ナショナルデパート

帰る前に最後に表町商店街通りで食事をすることに。

そして、表町商店街通りに行く途中に「ナショナルデパート」でパンを購入。ネットでも有名なパン屋さんのようで、店はかなり小さいが毎日完売しているよう。
この時も、明らかに店を探して来た女性のお客さんがいた。店長がもともとWEB関係の仕事されていたとかで、この店のサイトも自分で作成したんだろうな~。ちなみに、ネットでもパンを購入できる。

家に帰って食べてみたが、ちょっと味が濃い?感じがした。まぁ、僕はもう少し、シンプルなパンが好きかな。

パンを購入後、表町商店街通りをさらっと見て回り、岡山のうどん屋では有名な「うどん およべ ブラザーズ 表町店」というお店で夏季限定の「えび天おろしうどん」&「半天とじ丼」を食べた!
2011年4月15日に再度開店した店舗のようで、これが結構うまかった!
うどんを食べたらそのまま新幹線に乗って、帰宅の路につく。

ナショナルデパートで購入したパン   うどん およべ ブラザーズ 表町店   夏季限定の「えび天おろしうどん」&「半天とじ丼」

今回の旅行は、内容を詰め込みすぎたね~。
もちろん楽しかったけど、これからはもっと目的も絞ってゆっくりと旅行しよう。。。
まぁ、久しぶりの旅行だったから仕方ないか!

↑ このページの最上部へ戻る

コメントする




↑ このページの最上部へ戻る