ちょこっと旅行

芸術の島「直島」や「軍艦島クルーズ」「元気の森」などちょっと変わったところから、熱海温泉や四万十川など国内旅行の旅行記です。

トップページ > 「ちょこっと旅行」 トップページ > 高知の秘境の海洋堂 > ゴールドタワー

高知の秘境の海洋堂

ゴールドタワー

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

ゴールドタワー

2011/8/8(月)

晴れ

琴平駅 ~ 宇多津駅

夜の街に映えるゴールドタワー
ゴールドタワー

ホテルから歩くこと15分。近づくにつれてゴールドタワーの輝きと大きさが増し、なかなかに迫力のある塔(ビル)だとわかる。
そして、19時ごろにゴールドタワーに到着。
瀬戸内海のすぐ近くに位置するゴールドタワーは、展望室とアミューズメントが合体した施設。アミューズメントは、「15分105円遊び放題!」が売りでいろいろな遊び場がある。
「ZIP LINE(ジップライン)」は機会があればしてみたいかな~。

しかし、今回の目的は、夜の瀬戸大橋を望むこと。アミューズメントは無視して、すぐに展望室へ。しかも、展望室は20時までなので時間もあまりない。展望室への入場料は、500円。

全長158mあるゴールドタワーを、エレベーターで一気に127mの最上階(33階)へ登る。4階から30階(119m)まではフロア(部屋)ではなく、鉄骨のみで空洞になっている。しかも、鉄骨のみではなく緑のライトが設置されていて、外から見えていた緑のライティングだとわかる。
エヴァとかが発信しそうな近未来的な雰囲気だった。(笑)

時間がぎりぎりなせいか人気はまったくなく、ほぼ貸切状態。(もしかして、あまり人気ないのかな?)
展望室は、33階はBarのようなカウンターに座って夜景を望むムーディー(?)な雰囲気で、32階は映画館のようなシート31階は普通だった。
無料のドリンクコーナー(種類もたくさんあった)もあり、居心地はよかった。時間んがあれば、長時間いても全然OKそう。ただ、33階の展望室に「誓いの鍵」なるものがあったが、二人とも夜景に夢中でまったくやる気なしだった。

エレベーターの搭乗口へ   無料のドリンクコーナー   誓いの鍵
展望室:33階   展望室:32階   展望室:31階
ゴールドタワーから見る瀬戸大橋の夜景
ゴールドタワーからの夜景

早速、ガラス越しに瀬戸内海から坂出市、そして瀬戸大橋の夜景を望む。
おぉ~、綺麗でいい眺めじゃないか!ちょっと残念なのが、肝心の瀬戸大橋がわかりづらかった。瀬戸大橋がライトアップされているときならば、よく見えていたかもしれない。

展望室は20時までで、あっという間に1時間が過ぎ、夜景を堪能してゴールドタワーを後にする。

瀬戸大橋の夜景
なぜに、ゴールドタワー?
宇多津グランドホテルからの見たゴールドタワー

夜のゴールドタワーの写真を見ると黄色ではなく緑色のライトアップなので、なぜにゴールドタワー?と思うかもしれないが、昼の写真をみるとゴールドタワーと納得(?)できる。
たしかに、ゴールドに見える、かな?

この写真は、宇多津グランドホテルの宿泊部屋から撮影したもの。


宇多津グランドホテル
宇多津グランドホテル

この日の晩御飯はそんなに気合いを入れていなかったので、ホテルに戻った後、おにぎりなどで軽くすませた。

今回予約した部屋は、キャンペーン中のスイートルーム。
普段の半額で宿泊できるとあって利用してみた。さすがにいい部屋だけあって、8階の部屋からは瀬戸大橋とゴールドタワーの夜景が望め、そしてお風呂やトイレも綺麗で居心地がよく、ベッドもふかふかでぐっすり眠れた。

が、やはり、これまでもそうだが1泊するのに、1人1万円以上する部屋にあえて宿泊することは、そうはしないな~。
今回は半額のキャンペーンだったからよかったが。
ほぼ寝るだけになるので、5,000円以下のビジネスホテルで十分だと思ってしまう。(貧乏性?)
仮に宿泊にお金を出すなら、部屋に個別の温泉がついているような、宿泊がメイン(楽しみ)となるようなほどの部屋に泊まりたいかな。

スイートルームのベッド   広いスイートルーム   スイートルームから望む瀬戸大橋

↑ このページの最上部へ戻る

コメントする




↑ このページの最上部へ戻る