ちょこっと旅行

芸術の島「直島」や「軍艦島クルーズ」「元気の森」などちょっと変わったところから、熱海温泉や四万十川など国内旅行の旅行記です。

トップページ > 「ちょこっと旅行」 トップページ > サツキとメイの家に訪問 > いば昇の櫃まぶし(ひつまぶし)

サツキとメイの家に訪問

いば昇の櫃まぶし(ひつまぶし)

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

いば昇の櫃まぶし(ひつまぶし)

2009/8/20(木)

晴れ

愛・地球博記念公園駅 ~ 栄駅

明治からの鰻の専門店、櫃まぶしの元祖

櫃まぶし(ひつまぶし)を食べようと思い調べて見た結果、「あつた蓬莱軒」か「いば昇」が有名のようで、櫃まぶしの元祖の「いば昇」(錦店)にいってみた。

代々の技と心を受け継ぎ、知多の溜を使ったたれと備長炭を使い関西風にパリッと焼き上げた、関東にも関西にもない味とのこと。

早速、「櫃まぶし」を注文。値段は2,300円!2人前で4,600円!
以下の櫃まぶしの食べ方で食す。

  • 1杯目:そのまま食べる
  • 2杯目:薬味を半分ほど入れて、混ぜて食べる
  • 3杯目:残りの薬味を入れ、だしを注いでお茶漬けで食べる

確かに、表面はパリッとしているのに中はふわっとしておいしかった。
まぁ、いつも食べるわけにはいかないが。。。

いば昇   お品書き   櫃まぶし(2人前)
ハミルトンホテル ブラックに宿泊

「50%OFF・ラッキープラン」を利用し、1人2,500円の宿泊料金だった。
部屋も全然問題なく、2,500円なら安い。でも通常の5,000円ならどうだろう。

外観   廊下   部屋(セミダブル)

↑ このページの最上部へ戻る

コメントする




↑ このページの最上部へ戻る