これぞ日本の橋

錦帯橋や猿橋などの日本三奇橋や日本三名橋、また通潤橋など日本にある有名な橋からちょっとした吊橋など実際に旅行に行ったところを紹介しています。

トップページ > 「これぞ日本の橋」 トップページ > 夢の吊橋(静岡県川根本町)

夢の吊橋(静岡県川根本町)

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

写真紹介

2010/9/26(日)

曇り

夢の吊橋
願いの叶うつり橋「夢の吊橋」
高さ 8m 橋の長さ 90m 橋の幅 肩幅

夢の吊橋(ゆめのつりばし)は、静岡県榛原郡川根本町寸又峡の大間ダム湖にかかるつり橋です。

南アルプスの山並みが眼前に迫る秘境奥大井・寸又峡にある夢の吊橋は、エメラルドグリーンに輝く湖面が眼下に望める神秘的な風景を演出しています。
つり橋のまん中で、若い女性が恋の成熟を祈ると夢がかなえられるとも言われているようで、たしかに、この幻想的な雰囲気が醸し出す“場の力”を感じました。まぁ、僕は男ですが。。。

ちなみに、2009/7/21の朝日新聞(夕刊)に「読者が決める日本一のつり橋」の記事が掲載されていましたが、「夢の吊橋」は2位でした。1位は徳島県三好市の「祖谷の蔓橋(かずら橋)」です。

夢の吊橋   夢の吊橋   夢の吊橋
夢の吊橋の案内板
恋の成熟を祈ると…

昔から寸又川には、多くのつり橋がありました。その一つが「夢の吊橋」です。
つり橋は、谷と谷を結び、山仕事などの作業道、集落への交通手段でもありました。

この橋は、長さ90m高さ8mで大間川と寸又川の合流点にかかっており、日ごとに変色するダム湖や寸又渓谷が展望されます。
新緑や紅葉が大間ダム湖に深い水に影と映り、また四季おりおりに変化と調和をもたらすところから「夢の吊橋」と呼ばれたそうです。
このつり橋のまん中で、若い女性が恋の成熟を祈ると夢がかなえられるとも伝えられており、エメラルドグリーンの湖面にかかった「夢の吊橋」に向かい願いかけると、夢がかなえられるといわれております。

今日の湖面は、エメラルドグリーンだったでしょうか。

案内板文書(原文)

夢の吊橋の旅行内容「SLに乗って夢の吊橋へ」はこちら

「写真紹介」のコメントを見る・書く (コメント数:0件)

↑ このページの最上部へ戻る

周辺マップ

住所 静岡県榛原郡川根本町千頭(寸又峡) (大きな地図で見る別ウィンドウで開く

「周辺マップ」のコメントを見る・書く (コメント数:0件)

↑ このページの最上部へ戻る

交通アクセス

最寄バス停 「寸又峡温泉」バス停 (バス停の詳細を見る別ウィンドウで開く
交通手段
  • 徒歩:大井川鉄道「千頭」駅からバスに乗り、「寸又峡温泉」バス停下車。「寸又峡プロムナードコース」を通って「夢の吊橋」まで約30分。

  • 車:「寸又峡プロムナードコース」の手前までしか行けません。


徒歩ルートの写真紹介

2010/9/26(日)

曇り

寸又峡プロムナードコース 入口 ~ 夢の吊橋 (約20分)

ルート01 次 ルート02 次 ルート03
入口以降は車で入れません。   「天子のトンネル」をくぐります。   急な階段を降りていきます。

「交通アクセス」のコメントを見る・書く (コメント数:0件)

↑ このページの最上部へ戻る