これぞ日本の橋

錦帯橋や猿橋などの日本三奇橋や日本三名橋、また通潤橋など日本にある有名な橋からちょっとした吊橋など実際に旅行に行ったところを紹介しています。

トップページ > 「これぞ日本の橋」 トップページ > 納屋橋(愛知県名古屋市) > 写真紹介

納屋橋(愛知県名古屋市)

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

写真紹介

2009/8/21(金)

晴れ

納屋橋
日本百名橋の1つ
高さ(水面から) - 橋の長さ 27m 橋の幅 -

納屋橋(なやばし)は、名古屋市の広小路通の堀川に架かる堀川七橋の1つです。

慶長15年(1610年)に名古屋城の築城の折り堀川が開削された際に架橋。附近の地名をとって「納屋橋」(なやはし)と付けられたとされている。

初めは木製の橋だったが、幾度か架け替えられ、大正2年(1913年)に鋼製のアーチ橋に改築。
その欄干の中央には堀川開削の総奉行 福島正則の紋所があり、両脇には郷土三英傑「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の紋所が飾られている。

開腹式上路アーチ部、中央のバルコニー、欄干、鈴蘭灯、すべてがレトロでモダンなデザイン。色彩も落ち着いた雰囲気で、歴史を感じさせる。

中央のバルコニー   「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の紋所   納屋橋

納屋橋の旅行内容「サツキとメイの家に訪問」はこちら

↑ このページの最上部へ戻る

コメントする




↑ このページの最上部へ戻る