これぞ日本の橋

錦帯橋や猿橋などの日本三奇橋や日本三名橋、また通潤橋など日本にある有名な橋からちょっとした吊橋など実際に旅行に行ったところを紹介しています。

トップページ > 「これぞ日本の橋」 トップページ > 眼鏡橋(長崎県長崎市) > 写真紹介

眼鏡橋(長崎県長崎市)

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

写真紹介

2009/6/12(金)

曇り

眼鏡橋
日本三名橋の1つ「眼鏡橋」
高さ(水面から) 5.46m 橋の長さ 22m 橋の幅 3.65m

眼鏡橋は、長崎県長崎市の中島川に架かる橋で国指定の重要文化財。また、日本三名橋の1つ、そして日本最古の石造アーチ橋になります。
眼鏡橋が架かる中島川には、「中島川石橋群」として12もの石橋が架けられており、眼鏡橋はその第10橋にあたります。

眼鏡橋は、水面に映るその容姿から昔から人々に「めがね橋」と呼ばれていたが、明治15年(1882年)に正式に「眼鏡橋」として命名。

実際に見てみると確かに眼鏡のように見えました。
橋の中央にある橋脚が少し出ており、それが“鼻”のように見えてかわいかった。

眼鏡橋   眼鏡橋   眼鏡橋
眼鏡橋の歴史
寛永11年(1634年) 中国江西省建昌府建昌県の黙子(もくす)禅師(興福寺唐僧)により架設。
正保4年(1647年) 洪水により被害をうける。
慶安元年(1648年) 平戸好夢(こうむ)により修復。
明治15年(1882年) 正式に「眼鏡橋」と命名。
昭和57年(1982年) 集中豪雨により被害をうける。
あじさいと眼鏡橋
あじさい祭り

この日は、長崎市内で「あじさい祭り」が行われていて、中島川沿いにも紫陽花がたくさん飾られていました。あじさいと眼鏡橋はお似合いだった。

スタンプもあったのでもちろん判を押した。

あじさいと眼鏡橋   眼鏡橋   眼鏡橋のスタンプ
眼鏡橋のライトアップ
眼鏡橋のライトアップ

夜に再度、眼鏡橋を訪れてみると、やはりライトアップされていた。
う~ん、キレイだ。


眼鏡橋の旅行内容「軍艦島と解夏と石橋 in 長崎」はこちら

↑ このページの最上部へ戻る

コメントする




↑ このページの最上部へ戻る