これぞ日本の橋

錦帯橋や猿橋などの日本三奇橋や日本三名橋、また通潤橋など日本にある有名な橋からちょっとした吊橋など実際に旅行に行ったところを紹介しています。

トップページ > 「これぞ日本の橋」 トップページ > 住吉の反橋(大阪市住吉区) > 写真紹介

住吉の反橋(大阪市住吉区)

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

写真紹介

2009/5/29(金)

晴れ

住吉の反橋
日本一大きな太鼓橋
高さ
(最高地点)
4.4m 橋の長さ 20m 橋の幅 5.5m 最急勾配 48度

住吉の反橋(そりばし)(通称:住吉大社太鼓橋)は、大阪市住吉区にある住吉大社の境内に架かる木造の桁橋で、太鼓橋としては日本一。

明治時代まで神様だけが渡れるとされていたようです。
(今は誰も渡れます)
また、この橋を渡るのは神さまに近づくのに罪や穢れを祓い清めるためで、反っているのは、地上の人の国と天上の神の国とをつなぐ掛け橋として、虹にたとえられていたからだそうです。
(参考:住吉大社ホームページ)

この橋は、川端康成の小説『反橋』の舞台にもなっていて、「上るよりもおりる方がこはいものです」と書かれている。
確かにかなり急ですからね~。でも、このときは子供が1人で渡っていました。(笑)ちょっと怖かったので、さりげなく見張っていましたが。親はどこに?

ちなみに夜は21時までライトアップされているようで、その様子も見てみたいですね。

住吉の反橋   住吉の反橋   住吉の反橋
住吉の反橋   住吉の反橋   住吉の反橋

↑ このページの最上部へ戻る

コメントする




↑ このページの最上部へ戻る