これぞ日本の橋

錦帯橋や猿橋などの日本三奇橋や日本三名橋、また通潤橋など日本にある有名な橋からちょっとした吊橋など実際に旅行に行ったところを紹介しています。

トップページ > 「これぞ日本の橋」 トップページ > 甲斐の猿橋(山梨県大月市) > 写真紹介

甲斐の猿橋(山梨県大月市)

各ブックマーク : Googleブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録  はてなブックマーク

写真紹介

2009/4/12(日)

晴れ

猿橋
日本三奇橋の1つ「甲斐の猿橋」
高さ(水面から) 30m 橋の長さ 30.9m 橋の幅 3.3m

猿橋(さるはし:「えんきょう」ともいう)は、山梨県大月市にある桂川に架かる橋です。

日本三奇橋の1つに数えられるだけあって、建築技法もめずらしく歴史もあり風格ただよう、すばらしい橋です。

江戸時代から「日本三奇橋」の一つとしても知られいて甲州街道に架かる重要な橋の役割を担っていたが、現在ではすぐ近くに車などが通れる鉄橋ができ、主とした役割は終わっているが、今でも暮らしの中で使われているようです。猿橋中学校の生徒さんも通っていました。

猿橋は谷が深くて橋脚がたてられないため、1本も支柱(橋脚)を使わずに両岸から張り出した四層の“刎木(はねぎ)”によって橋を支えています。現在では唯一の“刎橋(はねばし)”となっています。

刎木(はねぎ)
“刎木(はねぎ)”がかっこいい

古き日本家屋を思わせる容姿は、風格があり魅了されます。
思わず何枚も写真を撮ってしまいました。

猿橋   猿橋   猿橋
猿橋の上   猿橋から下を除くと、、、   “刎木(はねぎ)”を近くから見ることができます
展望台
展望台に行ってみると・・・

猿橋の展望台があるとのことで、行ってみることに。
下から見るようで、階段を下っていきます。

展望台と思われるところに着いたが、あれ?
猿橋が見えない!?
木々が生い茂っていて、猿橋は見えませんでした。(笑)

展望台から桂川に出ることができます。この日は天気もよく、釣りをしている人もいて、気持ちよかったです。ゆっくりするにはいいかも。

展望台   展望台   展望台からの風景

甲斐の猿橋の旅行内容「熱海温泉へ癒されに」はこちら

↑ このページの最上部へ戻る

コメントする




↑ このページの最上部へ戻る